防火管理者

目標

防火管理者について理解する

レモン
レモン

おはようございまーす!

エビ先輩
エビ先輩

おはよう!レモンちゃん。昨日は、Aビルで火災があったね。

幸いにも、防火管理者の方がしっかり消防訓練を行っていたおかげで大事には至らなかったけど・・・

レモン
レモン

ところで先輩?

防火管理者って何ですか?

エビ先輩
エビ先輩

レモンちゃん・・・消防職員であればそれくらいは覚えておこうよ。

防火管理者は、簡単にいうと消防計画の作成、避難訓練等を計画、収容人数の管理、火気の取扱の監督などを行うのだ。

詳しくは、消防法第8条に載っているよ。

レモン
レモン

防火管理者は、防火管理のリーダー的な人を言うんですね。

ところで、防火管理者にも種類があるのですか?

エビ先輩
エビ先輩

防火管理者には、大きく2つあるんだ。

ビル全体の防火管理を行う甲種防火管理者。もう一つは、ビルに入っている店舗などをのテナントを管理する乙種防火管理者とに分けられる。

基本的に乙種の防火管理者は、自分たちのテナントを守る役割を持つために配置されるのだ。

レモン
レモン

それぞれのビルやテナントに防火管理のことを理解している人がいるんですね。

だからこそ、ビルでの大規模火災が少ないんですね。

この防火管理者は、全ての施設に配置される義務があるのですか?

エビ先輩
エビ先輩

レモンちゃん、いい質問だね。

これまでの勉強の中でどのような施設が、火災が起きやすいと学んできたかな?

レモン
レモン

たしか、不特定多数が出入りする特定防火対象物でしたよね。

エビ先輩
エビ先輩

そう!特定防火対象物は、火災になりやすいんだ。

そのため、特定防火対象物は、設置義務が厳しく非特定防火対象物は、設置義務が緩いと事前に分かりそうだね。

特定防火対象物は、収容人数が30人以上、かつ延べ床面積が300平方メートル以上の場合

非特定防火対象物は、収容人数が50人以上、かつ延べ面積が500平方メートル以上の場合に甲種防火管理者の設置が必要となるんだ。

特定防火対象物は、3で非特定防火対象物は、5と理解しておけば覚えやすいね。

レモン
レモン

乙種防火管理者の設置義務はあるのですか?

エビ先輩
エビ先輩

乙種防火管理者の設置基準は

特定防火対象物は、収容人数が30人以上、かつ延面積が300平方メートル未満

非特定防火対象物は、収容人数が50人以上、かつ延面積が500平方メートル未満だよ。

レモン
レモン

建物が小さくても収容人数が多ければ、防火管理者の設置義務があると言うことですね。

レモン
レモン

もし、防火管理者の資格を持っていたとしてどこかに申請とか必要なのですか?

エビ先輩
エビ先輩

防火管理者の選任・解任は、管理権限者が、消防長又は消防署長へ届出なくてはいけないんだ。

エビ先輩
エビ先輩

その後、防火管理者は、消防計画を作成・変更を消防長又は消防署長へ届出る必要があるよ。

レモン
レモン

まずは、管理権限者が、防火管理者を選任することが必要なのですね。

まとめ
  • 防火管理者は、甲種と乙種に分けられる。
  • 特定防火対象物は3と覚え、非特定防火対象物は5と覚える。
  • 防火管理者の選任は、管理権限者が行い、消防へ提出する。
  • 防火管理者は、消防計画を作成し消防へ提出する。

タイトルとURLをコピーしました